さいたま・東京・神奈川の探偵なら KURUNE探偵事務所※埼玉県公安委員会 第43210011号

浮気調査を依頼するならどっち?探偵事務所と興信所の違いを徹底解説

  • 探偵事務所と興信所の違いを知りたい
  • パートナーが浮気をしているかもしれない
  • 浮気調査の方法について悩んでいる

 

パートナーに浮気や不倫の疑いがあるとき、業者に調査依頼をする方も多いでしょう。

浮気調査を依頼する際、主に探偵事務所と興信所のふたつの選択肢があります。

 

この記事では、探偵事務所と興信所の違いを解説します。

共通点や調査を進める際どちらに依頼すべきかなどについても説明するので、浮気調査を検討している方は業者選びの参考になりますよ。

 

探偵事務所と興信所の主な違い

 

現代において、探偵事務所と興信所に実質的な違いはないといわれています。法律上においても、同じ業種として扱われています。

かつて、探偵事務所と興信所は大きく異なりました。

 

探偵事務所は、主に社会関係調査を行っていました。具体的には、素行調査や浮気調査、行方調査、結婚調査、犯罪調査などです。

調査対象に身分を明かすことなく、尾行や張り込みなどの行動監視による証拠集めを行っていました。

 

一方で興信所は、主に経済関係調査を行っていました。具体的には、企業信用調査や個人信用調査、雇用調査、市場調査などです。

身分を隠して調査をする探偵事務所とは異なり、調査対象者と面談や電話をするなど直接聞き取りをして情報収集を行い後から裏付け調査をする手法がメインでした。

現代では若干の調査内容・手法の違いはみられるものの、昔ほどの明確な違いはなくなってきています。

 

探偵事務所と興信所の歴史

 

探偵事務所と興信所の歴史を解説します。

現代ではほぼ違いが見られない探偵事務所と興信所ですが、それぞれの成り立ちを理解することでなぜ別物なのか理解できますよ。

 

探偵事務所の成り立ち

 

日本では戦国時代から、敵方の情報を秘密裏に収集する「隠密」や「間者」などが存在していました。

江戸時代には「岡っ引き」と呼ばれる警察業務のサポートをしていた人々が、現在の探偵と同じような役割を担っていたそうです。

 

日本初の探偵事務所とされているのは、明治28(1895)年に元刑事によって創業された「岩井三郎事務所です。

浮気調査がメインの現代の探偵とは異なり、新聞ニュースにもなるような事件ものまで扱っていました。

 

日本初のめずらしい商売のため、社会的信用を得るまで10年かかったといわれています。

その後、現在街中に多くの探偵事務所が存在しているように、同事務所に倣い次々と探偵事務所が生まれていきました。

 

興信所の成り立ち

 

興信所の「興信」には、「信用を興(おこ)す」という意味があります。

その意味通り、興信所は主に企業や個人の信用情報等を調査するところです。

 

日本初の興信所は、商業手形取引が盛んであった明治時代に設立されました。

商業手形とは、商品の売買など現実に成立した商取引の代金決済のために、商業者によって振り出される手形のことを指します。

 

商業手形取引の利点が多い一方で、資金決済までに2~3ヶ月程度期間が空いてしまいます。

その間に取引相手の会社が倒産してしまった場合、一切利益を得られないというリスクがあります。

 

そのため、資金をきちんと支払えるような信用できる相手と取引をするために、興信所による調査の必要性がでてきたのです。

 

探偵事務所や興信所に依頼できる調査とは

 

現代では探偵事務所と興信所に大きな違いはなく、調査内容もおおよそ同じです。

探偵事務所と興信所で扱っている調査例として、以下の項目が挙げられます。

 

浮気・不倫調査 対象者による浮気の事実確認・証拠収集
素行調査 調査対象者の行動を調査する
家出・失踪者捜索調査 調査対象者の詳細な所在を調査する
人探し調査 行方不明者等の所在を調査する
ストーカー調査 ストーカー加害者の身元を調査する
ストーカー行為の証拠を押さえる
ペット捜索調査 行方不明のペットを捜索する
いじめ対策調査 いじめの実態を調査し証拠を押さえる
いやがらせ対策調査 いやがらせ加害者の身元を調査する
いやがらせ行為の証拠を押さえる
盗聴・盗撮発見調査 盗聴器や隠しカメラを捜索する
海外調査 海外にいる対象者の行動を調査する
企業調査 競合他社や取引先企業の信用調査等

 

探偵事務所と興信所で扱っている調査項目の違いはほとんどないですが、事務所ごとに得意な調査や実績の多い調査があります

依頼後に後悔しないためにも、事務所のホームページなどで専門分野を確認しておきましょう。

後悔しない探偵事務所の選びかたは、こちらでも解説しています。

 

探偵事務所や興信所による浮気調査の依頼費用

 

調査費用に関しても、探偵事務所と興信所にほとんど違いはありません。

料金は各事務所により異なるため、面談時に確認しておきましょう。

 

調査費用の相場は、一般的に10~100万円といわれています。

ここまで費用の幅があるのは、調査目的によって調査内容も変わるためです。

 

一般的に、

  • 調査対象者による浮気・不倫の事実を確認する場合・・・約10~20万円
  • 調査対象者による浮気・不貞行為の証拠を裁判用に集める場合・・・30~70万円

とされています。また調査期間によっても費用が変化します。

 

探偵事務所の料金体系は、主に以下の3種類に分類されます。

  • 成功報酬プラン・・・調査の成果に対して成功報酬を支払う
  • パックプラン・・・すべての料金があらかじめまとめられている
  • 時間制プラン・・・調査員の稼働時間に対応して料金が加算されていく

 

成功報酬プラン

 

成功報酬プランは、調査の成果に対して成功報酬を支払う料金体系です。

もし調査が失敗し成果が手に入らなければ、料金は発生しません。

これだけ聞くと非常に安心なプランに感じますが、探偵事務所により取り扱われ方が異なるため注意が必要です。

 

たとえば成功報酬とは別に着手金が必要であったり、調査に失敗したとしても着手金は支払いの対象になったりすることがあります。

着手金は約10万円、調査が成功した場合の成功報酬金は約20~40万円ほどです。

 

また「なにをもって成功とするのか」という成功条件については、面談時にきちんと取り決めておきましょう。

「調査対象者と浮気相手がラブホテルに出入りする写真を撮影する」など、具体的に決めておくと安心です。

裁判用の証拠集めのために探偵事務所に調査依頼をしたのに、肝心の証拠が手に入らないとなっては本末転倒ですからね。

 

パックプラン

 

パックプランは、すべての調査料金があらかじめまとめられている料金体系です。

調査料金をはじめ、機材費や経費、書類作成費などが含まれています。

 

探偵事務所により異なりますが、20時間プランで約30~40万円、30時間プランで約30~50万円、40時間で約40~60万円です。

パック料金では調査期間が長くなればなるほど、1時間当たりの料金が割安になります。

 

調査内容が難しい、事前情報が少ないなど、調査に時間がかかりそうな場合におすすめです。

一方で、調査が短期間で終わってしまう場合には料金が割高になるため注意が必要です。

 

パック料金にするとあらかじめ支払う額が定められているため、追加費用なしで安心して調査依頼できます。

自身の状況をしっかりと把握し、依頼先の探偵と話し合いながらプランを決めましょう。

 

時間制プラン

 

時間制プランは、1時間あたりの料金が定められており調査時間分の費用を支払う料金体系です。

料金相場は探偵事務所によって異なりますが、1時間当たりの相場は約5000円~15000円です。

 

浮気が予想される日程や時間帯があらかじめ分かっている、調査が比較的簡単であるなど、調査時間が短くなりそうな場合他プランに比べ割安の料金で利用できます

即日調査を依頼するなど調査に融通を聞かせたい場合も、時間制プランがおすすめです。

一方で稼働時間分料金が発生するため、長期間にわたる調査の場合では費用がかさんでしまいます。

 

【調査員の人数】×【稼働時間】+【諸経費】

時間制プランの料金は上記の式で計算できるため、明瞭でわかりやすいというメリットがあります。

 

ただし稼働時間あたりの料金に加え、諸経費(基本料金、書類作成費など)がかかることは念頭においておきましょう。

浮気調査の依頼費用については、こちらでも解説しています。

 

自分にあった探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼しよう

 

探偵事務所と興信所の違いを解説しました。

  • 現代において探偵事務所と興信所の違いはほとんどない
  • 探偵事務所と興信所はともに明治時代にでき、探偵は主に個人や事件の調査、興信所は主に企業の調査を行っていた
  • 探偵事務所や興信所の浮気調査依頼費用は約10~100万円
  • 浮気調査の依頼費用は、調査目的や調査期間、プランなどによる

 

浮気調査をする場合、探偵事務所・興信所に依頼をすると効率的に調査を進められ、かつ確実な証拠を押さえられる可能性が高いです。

 

「パートナーが浮気をしているかもしれない」となると心に余裕がなくなり、焦って調査を依頼したくなるでしょう。

しかし探偵事務所・興信所には、それぞれの事務所ごとに専門分野や得意分野があります。

依頼前にはしっかりと事務所の情報をホームページや面談で確認し、満足のいく結果を得られるようにしましょうね。