さいたま・東京・神奈川の探偵なら KURUNE探偵事務所※埼玉県公安委員会 第43210011号

【家の出入りは不貞行為と認められる?】浮気・不倫の証拠例とおすすめの集め方

  • パートナーが浮気相手の自宅に出入りしている
  • 浮気相手が家に出入りしている形跡がある
  • 家の出入りは不貞行為と認められる?

 

浮気・不倫が行われる場所は、ラブホテルやビジネスホテル、自宅などさまざまです。

自分や浮気相手の家にパートナーや浮気相手が出入りしている場面を見れば、誰だって「浮気しているに違いない」と思うでしょう。

 

この記事では、家の出入りは不貞行為と認められるかについて解説します。

裁判で有効な不貞行為の証拠例や証拠の集め方も合わせて解説するので、浮気・不倫にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

 

不貞行為とは

 

まず、不貞行為とはそもそも何なのかについて解説します。

 

不貞行為とは、「配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つこと」を指します。

一般的に、不貞行為は浮気・不倫と認識されていますが、不貞行為の場合は基本的に肉体関係があることをいいます。

 

とはいえ、肉体関係さえなければ不貞行為にはならないかというと、そうとも限りません。

これまでの裁判では肉体関係がなくても不貞行為として認められた例もあり、男女間の関係や状況によって判断される場合もあるようです。

 

法律において、夫婦には「貞操義務(ていそうぎむ)」があると考えられます。

婚姻関係を結んで以降は、配偶者以外の異性と性行為・肉体関係を持つことは認められません

 

不貞行為と認められた場合には、パートナーや浮気相手に対して慰謝料を請求できます。

 

家の出入りは不貞行為と認められるのか

 

次に、家の出入りは不貞行為と認められるのかについて解説します。

結論として、家の出入りだけでは不貞行為の証拠としては弱いといえます。

 

肉体関係が推測できるラブホテルなどとは違い、自宅はあくまでも生活の場です。

そのため、「仕事の打ち合わせだった」「食事に招かれただけ」など、いくらでも言い訳ができてしまいます。

 

家の出入りを不貞行為の証拠と認めさせるためには、複数回出入りしている写真や動画を押さえましょう

また、その際は滞在時間もチェックしておくことをおすすめします。

 

たとえ家の出入りをしている証拠がとれても「玄関まで送っただけ」などと言われてしまう可能性もあります。

1時間以上滞在している証拠があれば、そのような言い逃れができず肉体関係があったことを十分示唆できるでしょう。

 

合わせて避妊具やホテルの領収書などの証拠があれば、より不貞行為の裏付けとなります。

 

裁判で有効な不貞行為の証拠とは

 

次に、裁判で有効な不貞行為の証拠について解説します。

不貞行為とは、「配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つこと」を指します。

 

そのため、裁判で提出する証拠も、肉体関係があったことを示唆できるようなものが有効とされています。

不貞行為の証拠例としては、以下が例として挙げられます。

 

【不貞行為の証拠例】

  • パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りしている写真や動画
  • パートナーや浮気相手が不貞の事実を認めた発言の録音データ
  • ラブホテルを利用したクレジット明細や領収書
  • 性交渉の際に使用する避妊具や道具
  • ホテルや旅行など二人で泊まったことがわかるメッセージ

 

また、不貞行為の決定的な証拠とはならないものの、他の証拠と合わせることで証拠として有効性が高くなるものがあります。

 

【合わせると有効性が高くなる不貞行為の証拠例】

  • 浮気相手とのメールでのやりとり(デート・外泊の約束など)
  • 友人や関係者などの証言
  • 浮気相手からの手紙・プレゼント
  • 交通ICカードの利用履歴

 

裁判で有効な不貞行為の証拠を集めるには

 

次に、裁判で有効な不貞行為の証拠を集める方法について解説します。

不貞行為の証拠集めには、以下のふたつの方法があります。

 

【不貞行為の証拠を集める方法】

  • 自分で証拠を集める
  • プロの探偵に依頼する

 

方法① 自分で証拠を集める

自分で証拠を集める方法は、費用がかからないのが最大のメリットです。

パートナーの行動範囲や生活リズムも把握しているため、臨機応変に動ける点もよいでしょう。

 

しかし、調査のプロでない分パートナーにバレてしまうリスクが高く、せっかく集めた証拠が裁判では不十分と見なされてしまう場合もあります。

また調査を行う上で、知らず知らずの内に違法行為をしてしまう可能性もあります。

 

慰謝料請求のために証拠集めをしているのに、自分が違法行為をしてしまっては元も子もないですよね。

自分で浮気調査をする際のNG行動は、「浮気調査は違法行為?自分で調査するときのNG行動を解説【リスク回避】」でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

方法② プロの探偵に依頼する

不貞行為の証拠集めをする方法としておすすめなのが、プロの探偵に依頼するのがおすすめです。

 

費用はかかりますが、その道に精通した探偵が効率よく調査を進めてくれ裁判で有効な調査報告書も作成してもらえます。

また探偵は「探偵業法」という法律内で調査を行い、違法行為の境界線も理解しているためリスクが低いのもメリットです。

 

『KURUNE探偵事務所』では、24時間365日無料相談受付中です。

担当カウンセラーが丁寧にお話を伺うため、「依頼する際の見積もりだけ聞きたい」という場合でもお気軽にご相談ください。

 

不貞行為の慰謝料請求ができる相手

 

次に、不貞行為の慰謝料請求ができる相手について解説します。

 

慰謝料とは、受けた精神的苦痛の賠償として支払われる金銭のことです。

浮気や不倫など不貞行為の慰謝料は、不倫をされた側が、不倫をした配偶者や浮気相手に対して請求できます。

 

配偶者に対しては、不貞行為の事実が明らかである場合に慰謝料を請求できます。

一方、浮気相手に慰謝料を請求する場合は、不貞行為の事実に加えて以下の故意・過失が認められなければいけません。

 

【不貞行為における故意・過失とは】

  • 故意:相手が既婚者であると知りながら不貞行為に及んだ場合
  • 過失:既婚者であると知らなくても注意すれば気づけた場合、婚姻関係が既に破綻していると軽信した場合

 

つまり、「強姦・脅迫など浮気相手の意思にかかわらず関係を持ってしまった場合」「出会い系サイトなどで知り合い既婚者であることを知らずに関係を持ってしまった場合」などは、故意・過失がないとされ慰謝料請求が認められないことが多いでしょう。

 

なお、不貞行為の慰謝料請求には時効があり、その期間は「不貞行為の事実を知った日から3年」とされています。

また、「不法行為が行われたときから20年」経った場合にも時効となります。

 

不貞行為の時効については「」でも解説しているため、参考にしてくださいね。

 

不貞行為の慰謝料請求をする方法

 

次に、不貞行為の慰謝料請求をする方法について解説します。

不貞行為の慰謝料請求をする方法には、以下の2種類があります。

 

【不貞行為の慰謝料を請求する方法】

  • 交渉による慰謝料請求
  • 裁判による慰謝料請求

 

交渉による慰謝料請求

交渉による慰謝料請求は、「書面で請求する方法」と「口頭(対面・電話)で請求する方法」があります。

 

書面で請求する方法

書面で請求する方法では、浮気相手に書面で慰謝料請求の意思を伝えます

 

書面で慰謝料請求する場合、主張が明確に記載でき文章も時間をかけて推敲できるというメリットがあります。

ただし書面でのやりとりになるため時間がかかり、相手にも考える時間を与えてしまうという点には注意が必要です。

 

時効が迫っていなければ普通郵便での送付でもよいですが、相手側にこちらの強い意思を示すためには内容証明郵便を利用するのがおすすめです。

内容証明郵便とは、「いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって日本郵便が証明する制度」です。

 

内容証明郵便は集配郵便局および支社が指定した郵便局で差し出すことができるほか、インターネットを通じて発送できる「e内容証明(電子内容証明)」もあります。

 

口頭で慰謝料請求する方法

口頭で請求する方法では、浮気相手と対面や電話で交渉し慰謝料を請求します

 

口頭で慰謝料請求をする場合は、浮気相手に直接主張できるため早期解決の可能性が高くなるメリットがあります。

ただし、その場での適切な判断が必要となり、自身では交渉失敗のリスクもあります。

 

また、後々「言った、言わない」の争いになることもあるため、口頭で慰謝料請求をする場合はICレコーダーなどで必ず交渉内容を録音しましょう。

 

口頭で交渉し話がついた後は、支払い金額や支払い期日、支払いが遅滞した場合の対応などを示談書にまとめます。

なお、交渉や示談書の作成は個人間でも可能ですが、弁護士に依頼した方が話を建設的に進められ示談書もミスなく作成できます。

 

裁判による慰謝料請求

書面や口頭で交渉しても慰謝料についての話がまとまらない場合には、裁判にて慰謝料請求を行います。

 

裁判を起こすには、まず原告(請求をする側)が裁判所に訴状を提出します。

訴状とは、原告の言い分を記載し最初に裁判所に提出するもののことです。

 

なお、配偶者や浮気相手が不貞行為の事実を認めていない場合には、肉体関係があったことを示すような証拠が必要となります。

ラブホテルに出入りしている写真や動画、避妊具、ホテルの領収書などが有効です。

 

裁判で認められる確実な証拠を得たい場合には、プロの探偵に尾行・張り込み調査を依頼し、調査報告書を作成してもらうのがおすすめです。

裁判で必要となる情報が網羅されているため、かなり強力な証拠となるでしょう。

 

不貞行為による慰謝料の相場は「浮気・不倫の慰謝料はいくら?相場から高額にする方法、請求ができない場合まで解説」でまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

家の出入りは浮気の証拠としては不十分。証拠集めは探偵がおすすめ!

 

家の出入りは不貞行為と認められるかについて解説しました。

結論として、家の出入りだけでは不貞行為の証拠として有効とはいえません。

 

ただし出入りが複数回行われている場合や滞在時間が長い場合などは、不貞行為を示唆する強力な証拠となり得ます。

また、避妊具やホテルの領収書などと合わせれば、さらに不貞行為の信憑性が増すでしょう。

 

不貞行為の証拠集めをローリスクで行う場合は、プロの探偵に依頼するのがおすすめです。

その道熟練のプロが法律の範囲内で調査を行い、効率よく証拠を集めてくれます。

 

【KURUNE探偵事務所では24時間365日、無料相談受付中です】

  • 浮気・不倫調査専門の探偵事務所
  • 調査成功率99.8%・顧客満足率97.1%の実績
  • 1時間4,950円(税込)~、調査結果がでなければ費用0円

 

ぜひお気軽にご相談くださいね!