さいたま・東京・神奈川の探偵なら KURUNE探偵事務所※埼玉県公安委員会 第43210011号

緊急事態宣言が出ても浮気はするのか?

さいたま市の大宮にあります、KURUNE探偵事務所です。
3度目の緊急事態宣言が出されてしまいました。
期間は、令和3年4月25日(日)~5月11日(火)までとなっております。
感染状況の減少をみて、さらなる延長もあると言われております。

新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言
内閣官房のサイトより転載

【基本的な考え方】
緊急事態宣言区域では、感染拡大の主な起点となっている飲食の場面に対する対策の更なる強化を図るとともに、変異株の感染者が増加していること等を踏まえ、人の流れを抑制するための措置等を講じるなど、徹底した感染防止策に取り組みます。
まん延防止等重点措置区域においては、都道府県が定める期間、区域等において、飲食を伴うものなど感染リスクが高く感染拡大の主な起点となっている場面等に効果的な対策を徹底します。特に、緊急事態宣言区域で厳しい措置がとられることを踏まえ、隣接地域への感染の滲み出しを防ぐため、各県の判断で対策強化を可能とします。
その他の感染の再拡大が認められる地域では、政府と都道府県が密接に連携しながら、重点的・集中的なPCR検査や営業時間短縮要請等を実施するとともに、まん延防止等重点措置を機動的に活用するなど、速やかに効果的で強い感染対策等を講じます。
と載っています。

昨年の第1回目の時は、本当に人が外に居なくて、ロックダウンの様相でしたが、今回はどうでしょうか?
特に飲食店は営業の大打撃を受けますね。※すべての業界が大変だと思っています。当事務所の調査が機動的であり、お酒飲んでいる時間がない事もあって、お酒は飲みません。
さいたま市大宮区の居酒屋や飲食店、または東京には沢山の知人が、飲食店等を経営しておりますので、胸が痛みます。
感染症は、移らない、移さないをモットーに日々の行動を注意したいところです。

さて、この緊急事態宣言と新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅勤務とかテレワークが普及された結果、あるデータが出ていました。

昨年の11月にNHKのニュースに掲載されていました。

新型コロナウイルスの影響で、夫婦仲が「よくなった」と答えた人が「悪くなった」と答えた人を大きく上回るという調査結果をまとめました。
この調査は「明治安田生命」が、結婚している全国の男女を対象に、先月、インターネットを通じて行い、20代から50代の、合わせて1080人から回答を得ました。

新型コロナウイルスの影響で、夫婦関係に変化があったか尋ねたところ、
▽「よくなった」が19%で
▽「悪くなった」の6%を、大きく上回りました。
▽「変わらない」は74%でした。
仲がよくなった理由については、複数回答で、
▽「コミュニケーションの機会が増えたため」が62%
▽「一緒に食事をする頻度が増えたため」が37%
▽「支えになる人が、そばにいて心強いと感じたため」が21%などとなっています。

調査を担当した、明治安田生命の方は「『コロナ離婚』も話題になる一方で、テレワークなどで在宅時間が増えたことで、家族と過ごす時間が増えて、夫婦関係にいい影響を与えたのでは」と話しています。

上記からもわかるように、夫婦間のコミュニケーションが増えた事が、関係を良好に持っていける要因になった事です。
先日のブログでも、浮気の原因などを記載しましたが、夫婦間が良好であれば、浮気に走る事も少ないと思います。
一部例外もあります。
浮気相手と会った結果、新型コロナウイルス感染症を罹患してしまったとなれば、問題は夫婦間だけには終わらなく、とても大きな問題になってしまいます。
この時期に、家族以外の方との接触を避けるのは、賢明だとも思います。


しかしながら、浮気をしてしまう者は、何かと理由をつけては外出し、少しでも自分の欲求を満たそうと思っている可能性が高いので、注意が必要ですね。

KURUNE探偵事務所が考える、緊急事態宣言下での浮気を疑える5つの事

1, テレワークなのに、平日にどうしても会社に書類を取りに行くと、普段着ででかけた時
2, 在宅勤務中でも、やたらとラインをやっていて、その内容を言わない時
3, どうしても打ち合わせがあるからと、4時間ほど不在になる時
4, 健康の為と言いながら、なぜかゴルフやジムに行く回数が増えた時
5, 普段の会話が、かみ合わない時

本来は、自粛期間でありますから、不要不急の外出は止めて自宅にいるのが基本的なことですが、浮気をする方は、なかなか自粛ができません。
理由をつけては、外出する用事が発生します。

テレワークや在宅勤務が増えた事により、夫婦関係に良い影響が出た。この事で、浮気調査が減少傾向にある事も、事実のようです。
しかし、気を付けていただきたいのは、新型コロナウイルス感染症の影響下で外出する事が、社会的にも良くないと思っているので、今は我慢だと考えている浮気者は多いと思います。
つまり、この感染症がある程度落ち着いてきたら、反比例するように、浮気心が伸びてしまうのですね。
なかなか上手くいかないものです。

緊急事態宣言下でも、パートナーの行動や浮気を疑っている、どうしたらよいのかとお考えのあなたは、KURUNE探偵事務所にご相談下さい。

KURUNE探偵事務所にメール相談での注意点とは?
1, メール相談の前に、深呼吸をしましょう!
2, 何を相談するのか、要点をまとめてみましょう!
3, なるべく感情的にならず、事実関係を書きましょう!
4, 個人情報が不安な場合は、匿名でまずは連絡してみましょう!
5, 個人情報に関わる事は、一切書き込まない!

そして、ご来所または相談する勇気が持てましたら、お話を始めてみましょう!

わたくしども、KURUNE探偵事務所では、大手の探偵事務所、興信所にはない、キメの細かいサービスと機動力のある調査で、業務を遂行致します。
また個人情報の保護に細心の注意を払い、すべての調査に対して、違法な調査は一切行いません。
またご来所頂く方への、感染症対対策を万全にしております。
ご相談時にはマスクを完全着用し、定期的に換気を行うなどを行っておりますので、ご心配なくお越し頂けます。
それでも、会って相談する事に不安がある方は、当事務所のLINEでも電話でも相談が可能となっておりますので、お気軽にご利用下さい。

人生経験が豊富な、ベテランのカウンセラーがあなたの問題解決をお手伝いさせて頂きます。浮気調査・素行調査・ストーカー対策など、さいたま市大宮区にありますKURUNE探偵事務所までお気軽にご連絡下さい。
365日対応いたします。
電話 048-657-8757 メール相談はこちら